【レビュー】仙台八木山ベニーランド 観覧車

仙台八木山ベニーランド

写真を一目見て、是非乗りたい!と一目惚れした観覧車。
週末を利用して友人合わせ4人で仙台に行くことになり、ついに訪れる機会が。

当日は高速の途中で霧雨が降ってくるという幸先の良くないスタート。
しかし途中で雨が止み、養老ランドに引き続き虹が!

天気もだいぶ晴れてきた。
ただ、風がひどく強い。若干心配になる。

途中白石などに寄りだいぶ時間を潰したせいで仙台に着いたのは3時過ぎ。
昼食などを済ませるとベニーランドへ。
青葉城跡からほど近く、場所的にはわかりやすかったのだが
駐車場がどこだかわからず、10分近く周りをぐるぐるしてしまう。
冬季のためか他の人や車もあまり見当たらない。
結局とりあえず入口前の植え込み近くに車を止め、券売所の方に尋ねると止めた場所で問題ないとのこと。
車道の延長のような2・3台しか止められない場所だったのでちょっと驚くがそのまま遊園地内へ。

案内板、上の方に観覧車が。

園内に入ると観覧車は入口から一番遠い場所にありあまり姿は見えなかった。

まずはのりもの券を購入。観覧車は大人一人400円。ちなみに子供は300円。

日がだいぶ落ちてきてしまったので急いで観覧車へ。
シンデレラ城を塗り替えたようなお城をくぐるとすぐ視線の先に観覧車が。

観覧車は期待通り、一目見ただけでわかる豪華な装飾。
目の前にきれいに手入れされた草花が庭のように広がり、そこだけ別世界のよう。
他に乗車している人は見当たらず、じっくりと観察し写真撮影を済ませる。

カラフルな乗降場

係員ボックス(正式名称がわからない・・・)

ゴンドラは馬車をイメージしただけありまわりの装飾も豪華。
色はパステルカラーのピンク・緑・紫など。
色合いは異なるがオクトーバーフェストの観覧車を思い出した。

中は6人乗りだが8人は乗れそうなほど広い。
椅子は皮製で内装は茶色に統一されており、一つの部屋のような雰囲気。

面白い注意書きがあった。

↓拡大

てっぺん付近では仙台市街も望めた。

園内はこのような感じ

やはり日がだいぶ傾いたせいで若干写真が暗めになってしまった。

この観覧車で意外だったのは回転のスピード。他の観覧車に比べなんだかとても速く感じた。
きれいな内装をじっくり楽しみたかったのにあれよと言う間に一周してしまいちょっと残念だった。
まぁもう1周すればよかったのだが・・・

帰りは売店で観覧車グッズを探す。
以前福井さんから頂いたピンバッジが一番良かったが既に持っているので
観覧車や園内にいたきのこの描いてあるシールを数枚購入。

他にCMソングのCDに大きく観覧車のイラストがあったが、CMを見たことがなかったので購入はやめておいた。
ちなみに東北出身者に聞いたところベニーランドは東北では1・2を争う有名な遊園地で、
CMソングはかなり耳に残るとのこと。youtubeにもアップロードされていた。



ベニーランド、地震で被災しジェットコースター下のコンクリートがひび割れるなどの被害があったようだが
現在は修復され通常通り営業中とのこと。
元気な姿を見に、今度は暖かい時期にゆっくり訪れたいと思う。